RINKEI 本人による「フォーチュン・メッセージ」配信をご希望の方は
下記にメールアドレスをご記入になり送信して下さい。(無料・不定期送信)
メールアドレス  
メッセージ登録日: 2001/08/16
空間を創る
毎日知らぬうちに溜まってしまうストレス。
ストレスの無い生活を求めるのではなく、ストレスとどう付き合っていくか?
を、この夏考えて見みました。

自分の事は誰よりも自分自身が一番よく知ってるはずですよね。
ところが、あまりにも身近にありすぎて一番見えないのも自分なのです。

誰に相談しても、占いをしてみても、どうしても納得いかない。
頭では解っていても、感情と言動が伴わない。
そこでも大きなストレスを感じてしまうでしょう。
「〜しなければならない」「〜してはいけない」無意識に、または意識的に自分を
その枠に閉じ込めてはいないでしょうか?
もちろんこれは、仕事や社会でのルールとは別の次元のお話しですのであくまでも
プライベートにおいて・・・ですよ。
決められた時間枠の中でしなければならない事に捕われてしまって
プライベートもそこから抜け出せないなんてナンセンスですよね。

自分の時間を作る、作らないも他ならぬ自分自身が決めなければ
いつまでたっても見えない影に押しつぶされてしまうような危機感を感じていなけ
ればならないのではないかしら。
まずは「私だけの時と空間」を持つように心がけることです。
そして、その時々に自分が一番欲している環境を創り出してみてはいかがでしょう
か?

例えば、落ち込んだ時は思いっきり落ち込めるスチュエーションを作る。
泣けるCDをかけて、お部屋を暗くして寂しさと空しさで心を一杯にする。
お酒をちびちび飲むのも良いかもしれませんね。
めそめそと泣いてる悲劇の中の主人公になってみることをお勧めします。
先の見えない不安感やナーバスになってしまう感情を「いけない」と否定するので
はなく髪の毛をむしるくらいの不安感に没頭してみる。


「リラックスしたい。」をお題にするのであれば、自然や動物をモチーフにした写
真集を開きながら柑橘系のお香、もしくはネロリorオレンジのアロマを炊いてみ
る。アロマで半身浴しながら雑誌を乱読するバスタイムの後に
100%の冷たい生ジュースを飲みながら懐かしい人に手紙を書いてみるのも良いかも
しれないな。

その時必要なアイテムはその時々に違うでしょうがアイテムを揃えるのも楽しさが
あります。
アロマを使ってみるのも一つでしょうし、BGMにも拘りたい。
絵本や手紙、お香 etc.......上げていたらきりがないくらい!
携帯の電源を切って、誰にも邪魔をされないようにしておくのも大切な技です。

昼間、嫌な事があった時「今晩はあのCDを聴いて、あのお香を炊いて落ち込も
う!」と決めたとたん、心が少し軽くなって一旦落ち込む感情を保留にする事がで
きます。
上手に自分の感情と付き合うことでもっと肩の力が抜けて楽に生きられる。
ほんのちょっと、自分を可愛がることで心が知らぬ間に喜んでいる。
自分のために贅沢をできる空間を創ることで、バランスが取れるのです。
一切を拘らずに、『自分の好きな物』に囲まれる空間に束の間身を委ねる事で
自分の内側と現実社会とのバランスを取る術を知ること。が一番大切なのです。