RINKEI 本人による「フォーチュン・メッセージ」配信をご希望の方は
下記にメールアドレスをご記入になり送信して下さい。(無料・不定期送信)
メールアドレス  
メッセージ登録日: 2002/07/19
ミタクエ・オヤシン 〜2〜
泣きたい時はちゃんと泣いてください。
外へ出たがっている感情を無理に封じ込めしてしまうと 
いずれ魂を蝕んでしまいます。
涙は決して恥ずかしいものではありません。
自分自身を癒すための薬みたいなものなのです。

人を恨むエネルギーってすごい原動力になります。
そしてそのエネルギーはプラスにもマイナスにも働く要素を含んでいます。
悔しさや怒りや、嫉妬や憎悪は最初は小さな点でも放っておくとどんどん膨らんで
自分が生み出したそれらの感情に今度は自分が操られてしまいます。
操られてしまうと自分を見失い、真実を見失い、そして己の魂をも侮辱する事に繋
がっていきます。
全てはバランスです。
この世界には昼もあれば夜もあり、どちらが良いとは言えないし
そしてどちらも必要なのです。
愛することと憎むこともそれと同じ。
喜びと悲しみ。誕生と死。どれもどちらか一方だけというわけにはいきません。
どちらかを手に入れれば、もう片方もくっついてくる。
でも、それ自体は悪いことでありません。すべてはバランスの問題だからです。
自分を見失ってしまうほどネガティブな感情に支配されていた事に気付いたら
バランスを取り戻すべく、許容し、感謝し、慈しみ、そして愛する。
ネガティブな感情を持つ事が悪いのではなく、そういう感情を持たざるを得ない
状況によって自分自身がどれだけ成長できるかが大切なのです。
時の経過と共に自分を取り戻したら、恨んだり、憎んだりした人に向けた
思いを“解除”しましょう。
そして愛ある感謝の気持ちを向けられる自分を感じることです。
無理なく自然体でそういう自分を取り戻した時、成長の足跡がちゃんと自分の
内に残ります。


ナヴァホ族が最も重要だと考える『美と調和』をいつも体の中に保っておくための
方法だと言う「正しい水の飲み方」をここで紹介しましょう。

混じりけの無い、できるだけ『良い』水をグラスに汲んで
毎朝太陽の最初の光があたる場所に置いておきます。川の上流の水であればなお良
いでしょう。
目が覚めたらまず四つの方角と空と大地とに感謝を捧げ(何を感謝していいか解ら
ないとしたら、それは心が曇っている証拠だそうです)そして、目に映る森羅万象
のすべてを、その一杯の水とともにゆっくりゆっくり飲みほすのです。
そうすれば世界はその人の体の一部となり、その人もまた世界の一部となります。
たったそれだけのことで、人の心と体は内側から正しく整えられるのです。

今日という日は私にとってかえがえのない特別な日でした。
自然界、動物たちや植物、鳥たちも人も 全てのものたちに感謝と愛を贈ります。

                                  倫恵