RINKEI 本人による「フォーチュン・メッセージ」配信をご希望の方は
下記にメールアドレスをご記入になり送信して下さい。(無料・不定期送信)
メールアドレス  
メッセージ登録日: 2003/03/05
Inner You
人は基本的に一人です。産まれてくる時も一人だし、死ぬ時も一人でです。
どんなに愛し合っている人と抱き合ったとしても、その人のすべてを理解すること
は不可能だし、あなたの苦しみや悲しみをその人がすべて理解してくれると思うの
も幻想にすぎません。
相手が傷付いているのを見て、どれほどその傷を肩代わりしてあげたいと思ったと
ころでそれは無理ですね。
だってあなたはその人ではないし、その人はあなたじゃないのだから。
どちらか片方でも自分一人で立っていられないような人間であったら、
それは恋愛ではありません。それは「依存」であり「もたれ合い」にすぎません。
自分の足で立ち、自分の力で何かをするしかないのだ、というところから出発しな
い限り、あなたとあなた以外の誰かが本当の意味で関わり合う事はできません。
「好き」という気持ちはとても純粋で素敵な感情ですね。その気持ちを大切にする
ことは、相手に期待をしたり見返りを求めたりする事ではないし、強制したり相手
をコントロールしていくものではありません。
自分の心に芽生えた「好き」の気持ちをもっともっと尊重していくと、過去がどう
であれ、今この瞬間瞬間を大切にしていこう、と自然に心が動いてきます。

私達が今生を生きていく上でいったい何人の人と出会い、関わっていくものなので
しょう?その数は膨大である人もいればそうでない人もいるでしょうが少なくとも
この世界の人口から見ればほんの僅かにすぎません。
出会いは奇跡です。そしてあなたにとって必要な人が必然のタイミングをもってそ
の人と出会うようになっています。
生まれた場所や環境、生い立ちや遺伝子やら、一人として100%同じ人間はいません
から、あらゆる面で価値観の違いがあって然りですよね。
奇跡の出逢い、相手と自分との価値観や物の考え方などなどを比べて自分の方が正
しい、とか、間違っている、とかを決めつけていくよりは
元々違う人間同士なのだから、相手のあるがままを認めていきながらお互いに成長
していける関係を築いていく方が良いとは思いませんか?


*^-^*でもね……なかなかそんな簡単にはいかないのが人でもありますよね。
特に関係に「恋心」が在ると、そりゃもう苦しいもんです。
悩んでください。傷付いて、泣いて、苦しんで、時には相手を恨んで憎んで
見えない妬心に思う存分苛まれてください。
ただ、そういう経験をしながら、あなたの中のあなたがもっともっと輝いてい
くんだ。ということを決して忘れないでね^^

いつもどんな時でもあなたの中にはもう一人のあなたがいます。
慈愛に満ち、愛心に溢れた優しいあなたがいます。
もしかしたら、
あなたの中のあなたを見つけていくことが人生なのかもしれませんね。