RINKEI 本人による「フォーチュン・メッセージ」配信をご希望の方は
下記にメールアドレスをご記入になり送信して下さい。(無料・不定期送信)
メールアドレス  
メッセージ登録日: 2003/06/01
〜月の通り道〜 6月
*・゜☆.。.:* 六月 トウモロコシの穂が出る月 Kapnakoyapana * ・゜
☆.。.:*

六月に月が通るのは耳を澄ませて聞くという道

すべてのものの内には物語がある。風にも雨にも火にも。
畑のトウモロコシが伸びるときに立てる音にさえ。
川は偉大な物語がたくさん。
木の上でさやさやと揺れる木の葉にも物語がある。
年老いた石に生き抜く術を聴こう。
耳に小石を当ててその話しを聴こう。
貝殻はびっくりするような話を聴かせてくれる。
風に書かれた文字もまた。

一番難しいのは沈黙を聞くことだ。
私たちは会話や雑音で沈黙を埋める。 それから気をそらす。
そうした衝動に耐えること。
沈黙の中では、自分の心臓の鼓動が聴こえる。
連続性の脈拍が感じられる。
沈黙の中では、大きな夢を見ることができる。
自分自身の音楽を見つけることができる。

手を放すほうがなぜしがみついているよりも難しいのか?
ものごとが終わったように見えるときも、影は残る。
自分に聞いてみる。  わたしは正しかったか?
相違を埋める方法はなかったか?
何も言わないことによって、すべてを言い尽くしたか?

他の人たちがそこそこで済ませているとき、自分の人生をよいものにするには努力
が要る。
変わる勇気を持とう。
優柔不断は行動の障害になる。
記憶は理性を曇らせる。
恐れは人を身動きできなくする。
決まりきったことばかりしていると腐敗する。

じっと耳を傾ければ自分の内なる声が聞こえる。
それは聞くものに必ず真実を告げる、たとえ聞きたくないと言っても。