RINKEI 本人による「フォーチュン・メッセージ」配信をご希望の方は
下記にメールアドレスをご記入になり送信して下さい。(無料・不定期送信)
メールアドレス  
メッセージ登録日: 2003/10/01
〜月の通り道〜 10月
・゜☆.。.:* 十月 葉の落ちる月 Olupana * ・゜☆.。.:*

十月に月が通るのは尊敬という道

わたしたちにとって新しい年は一月からではなく、いまはじまる。
この時期、種子は冬眠し、鳥は越冬のため南へ飛ぶ。
葉が落ち始める、そして空では太陽が蒼ざめる。
十月は蓄える月であり、古い名前を思い出す月だ。
来るべき冬に備えて準備が始まる。

今年の冬は厳しいだろうか。
わたしたちはいろいろなものからそれを読み取ろうとする。
雲には長い尻尾があるか?
シマリスはいつもの年よりせっせと食料を溜めこんでいるか?
例年より氷の声が早いだろうか?
カラスは何と言っている?
コヨーテは歌を変えるだろうか?
何となく心が騒ぐだろうか?

いまこそ、生きているすべてに尊敬の念を持つことを学ぶとき・・・・
たとえあなたにとって友だちでないものであっても。
あのときおまえはちゃんと注意を払わなかったね、という
自分の過去からの声が聞えるだろうか?
ゆっくり時間をかけて壊れた関係を修復しよう。
なぜあなたはその人から好かれないのか考えてみよう。
そして、たとえ好かれていなくてもその人を尊敬しよう。

尊敬は最も単純なところから始まる。
山に行けば、山はもう最初の雪を置いている。
小川には氷の縁どり。
乾いた葉がため息をもらしながら風に運ばれる。
あなたの中で何かが鎮まる。

太陽に顔を向けて、すべての過ぎ去ったものにありがとうを、
未来によろしくと言おう。

尊敬とは対等であること、最悪のときにも。